帯広市、民進市民連合「総務委員会」(平成29年2月9日(月)午後1時30分)

「議題報告:菊地ルツ議員」(平成29年2月9日(月)午後1時30分)

  議 題    (1) 地方人口ビジョン・地方版総合戦略に関する調査について
 (2) 公共施設マネジメントに関する調査について
 (3) 行財政運営に関する調査について
 (4) 地域コミュニティ及び協働のまちづくりに関する調査について
 (5)(仮称)帯広市公共施設マネジメント計画(案)に対するパブリックコメントの結果について
 (6) 十勝圏複合事務組合と十勝環境複合事務組合の組織統合基本方針(案)について
 (7) 第2期帯広市消費生活基本計画(原案)に対するパブリックコメントの結果について 
 【 所管事務調査 】
 【 所管事務調査 】
 【 所管事務調査 】
 【 所管事務調査 】
 【 理事者報告 】
 【 理事者報告 】
 【 理事者報告 】


主な意見と質疑

 〜地方人口ビジョン・地方版総合戦略に関する調査について〜

 ・市の出生数は減じているが出生率は大きく変化しない要因と考え方、老年学会が発表した75才以上を

 高齢者とする定義と、現在65歳以上を高齢者とする定義を変更する可能性と考え方について質疑と

 意見がありました。


 〜公共施設マネジメントに関する調査について〜

  〜(仮称)帯広市公共施設マネジメント計画(案)に対するパブリックコメントの結果について〜


 ・公共施設マネジメントの目標は公共施設の総量を抑え、それを適正化していくこと。耐用年数を超えて

  使い続けていくためには、適正な時期に修繕や改修など長寿命化のための作業を行う必要がある。

  いま議論している議員や市職員、関係者は20年、30年後はほとんど現場にいないということを

  踏まえ、予算のつけ方や長寿命化のための課題を整理し、システムを作る必要についての考えについて。

  時代によって変化する適正化の基準の判断について、人口減少社会のまちづくり、40年後の人口を

  見通しての計画の具体化についての考えについて質疑と意見がありました。


 ・グリーンプラザにある温泉施設の件を鑑み、公共施設の躯体の耐久年数や長寿命化だけを図るのではなく、

  そのためにはボイラーなど部位の寿命も併せ考えていく必要性について、質疑と意見がありました。


 〜行財政運営に関する調査について〜

 ・マイナンバーカードに関する現状について(見届け数1,434件(1/31現在)、交付数11814件(1/31現在)、

  申請数14496件(2/6現在)、事業所へのマイナンバー通知書送付を普通郵便で事業所に発送することで

  発生の可能性がある市民の不利益に対する市の責任と対策について、マイナンバーの適正管理の手法と

  考え方について、自分の番号を明記したくない個人の意思の担保と、各事業所におけるマイナンバー

  管理と未記載従業員の番号確認等についての質疑と意見がありました。

  未届者の世代的特徴と、未届分の保管期間についても意見と質疑がありました。


 ・適正な職員配置、時間外労働の増加と職員定数について、地方公務員の過労死増に伴う職員の働き方、

  働かせ方についての考え、市職員の1か月あたりの最高時間外労働時間の現状について、時間外の

  管理について、職員定数不足とその改善の考え、法令順守の考え等について質疑と意見がありました。


 ・不適正事務処理の発生要因について、職員の平均年齢の変化(平成18年度:45.8才、平成27年度40.7才)

  と世代間の技術や経験、ノウハウの引継ぎについて、不適正事務発生防止のためのルールや仕組み

  つくりの考え方に等について質疑と意見がありました。


 〜地域コミュニティ及び協働のまちづくりに関する調査について〜

 ・タイムライン(防災行動計画)の起源と定義について、昨年の台風被害と避難所開設時の経験を踏まえ、

  市のタイムラインを策定し市民に示す必要性と考えについて、防災担当の設置、危機管理部門の

  必要性等について質疑と意見がありました。

  また、資料請求に対し提出されたタイムラインは現状に対し古く大まかなものとし、変化する気象・

  地形・地質情報に対する考え、帯広市版タイムラインの必要性と策定の考え、住民が避難する

  タイミングと判断について市民に示す必要性と考えについて、意見と質疑がありました。


 ・町内会の加入率と分析、対策について、限界町内会への支援策と対応、今後の町内会のあるべき姿等に

  ついて、質疑と意見がありました。


 〜十勝圏複合事務組合と十勝環境複合事務組合の組織統合基本方針(案)について〜

 ・統合後の組合議会構成と経過、議員数と身分等について、意見と質疑がありました。


 〜第2期帯広市消費生活基本計画(原案)に対するパブリックコメントの結果について〜

 ・特殊詐欺発生件数と被害額の状況と推移について、消費者教育のテキストと指導者の状況について、

  詐欺被害防止のための電話に取り付ける詐欺撃退グッズの取り組みの考え等について質疑と意見がありました。








↑先頭に戻る






もどる  ホーム


帯広市議会 民進市民連合

〒080-8670  北海道帯広市西5条南7丁目1番地(市役所内)




inserted by FC2 system